図表あり

 国税庁は27日から5月6日までの10連休中は、税務署は閉庁となるため、納税証明書の発行等の各種手続が必要な納税者は、連休期間以外に来署するよう呼び掛けている。
 27日から5月6日までの期間に到来する申告・納付等期限については、10連休明けの5月7日となる。
 また、源泉所得税については、原則として、給与等を支払った月の翌月10日が納付期限のため、4月中に支払った給与等に係る源泉所得税の納付期限は、原則として、10連休明けの5月10日となる。
 なお、一定の行為や事実をもって期限が定まるもの等を除くとし、想定される事例として、10連休中に納税管理人の届出をしないで国内に住所および居所を有しないこととなる場合には、その時が期限となるため、10連休中に期限が到来する場合は4月26日までに申告等の必要な手続をすることとなるため注意が必要だ。
 10連休中のe―Tax利用可能時間も公表されている(表参照)。


 国税庁の10連休に関するお知らせはこちら
 e―Taxに関する10連休のお知らせはこちら

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号