公益社団法人旭川中法人会青年部会(東堂賢功部会長)と旭川東法人会青年部会(酒井保則部会長)はこのほど、旭川市のアートホテル旭川で両青年部会合同研修会と会員交流会を開催した=写真。
 今回の研修会は「青年部会の租税教育活動について」をテーマに開催され、旭川中税務署の新井智貴広報広聴官が租税教室(出前授業)の現状などについて資料などをもとに説明した。
 続いて、旭川東法人会の酒井部会長から今年度の両青年部会が実施した租税教育活動が紹介されたほか、次年度の租税教育活動の実施予定や部会員の参画拡大について、また、北海道教育大学旭川校の学生とのコラボ事業の継続などについて説明した。
 引き続き、財務省提供のDVD「大臣になった男」を鑑賞し、研修会終了後は、今年度最終事業により、青年部会の皆勤賞の表彰式が行われ、11人に記念品が贈られた。
 表彰式終了後は、会場を石焼料理「菊善」に移して会員交流会が行われ、両部会員同士の親睦を図った。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号