4月1日付の財務省・国税庁幹部の人事異動によると、金沢国税不服審判所長には團野正浩氏(東京国税不服審判所次席国税審判官)が就任した。なお、金沢孝志前所長は福岡国税不服審判所長に就任した。

 團野正浩(だんの・まさひろ)氏の略歴
 昭和62年国税庁長官官房企画課(採用)。6年須崎税務署長。9年外務省在エジプト日本国大使館一等書記官。19年福岡国税局課税第二部長。20年広島国税局徴収部長。21年仙台国税局徴収部長。22年税務大学校総合教育部長。23年札幌国税局課税第一部長。27年名古屋国税不服審判所次席国税審判官。29年国税不服審判所部長審判官。30年東京国税不服審判所次席国税審判官。

平成31年4月8日号

平成31年4月8日号