平成31年3月25日号

1面

2面

3面

4面

5面

6面

  • 過去の連載/ 平成31年度税制改正大綱を読む

    仮想通貨取引やインターネットを介した業務請負の普及など、経済取引の多様化・国際化が進展している一方で、それらに対する適…

  • 連載/ やさしい税務相談室

    Q  甲社を経営する代表取締役Xは、甲社からの役員報酬のほか、不動産の貸付、有価証券の売買など、数種類の所得を得ており、毎年、所得税の確定申告を行っています。またXの子Yは、現在は大手企業乙社に常時勤務する傍ら、乙社の承諾を受けて甲社の取締役として不定期ながら出社し、甲社からも適切な役員報酬を受けています。Xは、海外銀行の外貨定期預金から利息を受け取っていますが、利息はその国の源泉税額が控除されているので、所得税の確定申告は不要になると考えていいでしょうか。またYは、勤務する乙社の海外支社に3年間の予定で転勤することになりましたが、甲社からは、引き続き役員報酬を支給することにしております。役員報酬の源泉所得税はこれまでと同様でよろしいでしょうか。...

7面

北海道面

東北面

関信面

東京面

東海面

北陸面

関西面

中国面

西部面

ページの先頭へ