志賀直哉を師と仰ぐ作家の阿川弘之が『小僧の神様・城の崎にて』(新潮文庫)の解説「志賀直哉の生活と芸術」で、直哉の卓越した描写力のエピソードを紹介している。
 大正の初年、直哉がまだ31~32歳の頃、直哉を高く評価する芥川龍之介が「志賀さん...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年12月24日号

平成30年12月24日号