過去の連載「文士と税金

第76回(最終回)/志賀直哉②、奈良は税金が高い

2018年12月24日 税のしるべ

志賀直哉を師と仰ぐ作家の阿川弘之が『小僧の神様・城の崎にて』(新潮文庫)の解説「志賀直哉の生活と芸術」で、直哉の卓越した描写力のエピソードを紹介している。 大正の初年、直哉がまだ31~32歳の頃、直…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ