国税職員の定員減で調査件数が減少、「簡易な接触」を積極活用

2018年12月24日 税のしるべ

国税庁は、法人税等の調査において、経済取引の国際化・ICT化の進展による複雑困難な事案の増加と、25年1月に施行された国税通則法改正による税務調査手続の法制化により調査日数が長期化した上に、国税職員…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ