過去の連載「文士と税金」税理士・須田勝

第69回/横光利一、新感覚派の税制改革

2018年11月05日 税のしるべ

大正13年、横光利一は川端康成らとともに「文芸時代」を創刊し、『頭ならびに腹』を発表する。 「真昼である。特別急行列車は満員のまま全速力で馳けてゐた。沿線の小駅は石のやうに黙殺された」と始まるこの作…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2
ページの先頭へ