明治44年、内田百閒は病気で静養中の夏目漱石を訪ね、寺田寅彦や鈴木三重吉らが通う「漱石山房」の門人となる。
 百閒は、「一週間に木曜日は一度しかない。その一日を待ち兼ねて、私共は夕方になると、雨が降っても火が降っても早稲田南町の漱石先生の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年9月10日号

平成30年9月10日号