向田邦子は映画雑誌編集者として勤めたのち、脚本家としてスタートする。『だいこんの花』『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『阿修羅のごとく』など、数多くの人気ドラマの脚本を担当し、1970年代には倉本聰・山田太一と並んで「シナリオライター御三家...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年9月3日号

平成30年9月3日号