読めるが書けない漢字に、「檸檬」と「憂鬱」がある。梶井基次郎の短篇小説『檸檬』には、二つとも重要なモチーフとして使われている。それどころか、塊、落魄れた、琥珀色、翡翠色、香水壜、驟雨、絢爛、螺旋などの選びぬかれた漢字が、10頁にも満たない...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年7月30日号

平成30年7月30日号