判決と裁決「公表裁決

【公表裁決】抵当権設定後に築造された建物への差押処分が「なお不足があると認めるとき」でなくとも適法か争われた事例

2018年07月23日 税のしるべ

原処分庁が、請求人の延納に係る国税を担保するために抵当権が設定された後に担保不動産上に築造された請求人の建物について差押処分をしたのに対し、請求人が、国税を担保するために抵当権が設定された後に担保不…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ