原処分庁が、請求人の延納に係る国税を担保するために抵当権が設定された後に担保不動産上に築造された請求人の建物について差押処分をしたのに対し、請求人が、国税を担保するために抵当権が設定された後に担保不動産上に築造された建物について原処分庁が...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年7月23日号

平成30年7月23日号