平成30年7月16日号

1面

2〜8面

  • 異動等/ 定期人事異動

     7月10日付で発令された財務省・国税庁の平成30年度定期人事異動を紹介する。 【庁部課長等、局部長等】 兼税務大学校副校長事務取扱兼税務大学校専門教育部長事務取扱(税務大学校長) 後藤 真一 熊本国税局長(国税庁長官官房首席監察官) 松本 洋明 兼東京審判所長(東京高等検察庁検事) 藤谷 俊之 名古屋審判所長(財務省大臣官房付<独立行政法人国立印刷局理事>) 木本 聡子 国税庁長官官房参事官(国税庁徴収部徴収課長) 小平 忠久 国税庁長官官房参事官(関東信越局総務部長) 田島 伸二 税務大学校教頭兼国税庁長官官房参事官(福岡局総務部長) 上良 睦彦 国税庁長官官房総務課国税企画官兼国税庁長官官房情報公開・個人情報保護室長兼国税庁長官官房税理士監理室長(福岡局課税二部長) 櫻井  淳 国税庁長官官房企画官兼国税庁長官官房広報広聴室長(国税庁長官官房企画課国税企画官) 山崎 博之 国税庁長官官房監督評価官室長(東京局課税一部課税総括課長) 天野 雅夫 国税庁長官官房企画課国税企画官兼国税庁長官官房情報技術室長(関東信越局課税一部長) 菅  哲人...

8面

9面

10面

  • 判決と裁決/ 公表裁決

    原処分庁が、納税者の滞納国税を徴収するために滞納法人が運営していた3カ所の教室に設置されていた備品等の動産を差し押さえ…

  • 過去の連載/ やさしい税務相談室

    Q  私は現在68歳で、親が創業した非上場会社を30年前に承継して以来、その経営に従事してきました。当社では、後継者である46歳の長男と、長男の子(私の孫)も一緒に働いており、この度代表権を長男に渡すことになりました。非上場株式の後継者への移転について発生する贈与税と相続税について、その納税を猶予する制度が利用しやすくなったと聞いていますので、もし制度が利用できる場合には、この際、私の所有する当社株式を長男に贈与したいと考えています。また、いずれは孫も会社を承継していくことを想定しています。当社の株式について、以下の取扱いの概要についてご教示ください。  (1) 私が長男に贈与した場合の、「贈与税」の取扱いについて。  (2) 将来私が死亡した場合の、上記(1)の贈与株式の「贈与税」の取扱いについて。  (3) 将来私が死亡した場合の、上記(1)の贈与株式の「相続税」の取扱いについて。...

11面

12面

ページの先頭へ