過去の連載「文士と税金」税理士・須田勝

第53回/菊地寛②、成金

2018年07月02日 税のしるべ

文学の分類において、しばしば純文学に対して大衆文学といわれることがある。さらには、通俗小説という分類もある。 菊池寛は、自身初の本格的な通俗小説である『真珠夫人』(大正9年)の登場人物に、「(尾崎紅…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

ページの先頭へ