徳冨蘆花の『不如帰』は、兄である徳冨蘇峰が主宰する国民新聞に明治31年から連載された。黒田清輝による岩波文庫の口絵には、主人公の浪子が神奈川県逗子の浜辺でうつむき加減で物思いに沈む姿が描かれている。
 "家族小説"というジャンルの悲恋の小...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年6月18日号

平成30年6月18日号