高見順は、昭和16年1月から日記を綴り、「高見順日記」といわれる。特に、昭和20、21年をまとめた『敗戦日記』『終戦日記』は、文士たちの生きざまのみならず、物資の欠乏など世相・風俗にまでわたり、昭和史の貴重な資料として、いまでも広く読まれ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年6月11日号

平成30年6月11日号