過去の連載「これだけは知っておきたい相続法の改正」弁護士・税理士・石井亮

第12回(最終回)/療養看護等に関する親族の寄与を考慮する制度を新設

2018年04月23日 税のしるべ

Q34 負担付贈与、不相当な対価による有償行為があった場合の遺留分の取扱いについて、どのような改正がありましたか。 A34 現行法では、負担付贈与があった場合には、その目的物の価額から負担の価額を…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁4
ページの先頭へ