平成30年度税制改正では、租税回避策を防止する観点から、小規模宅地等についての相続税の課税の計算の特例について、持ち家に居住していない者に係る特定居住用宅地等の特例の対象者の範囲から一定の者を除外することが盛り込まれた。また、同族関係者で...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年4月16日号

平成30年4月16日号