平成30年度税制改正による事業承継税制の抜本的な見直しの中で、後継者が承継した事業を自主廃業や売却する際に売却額や廃業時の評価額をもとに納税額を再計算し、承継時の株価をもとに計算された納税額との差額を免除する仕組みが設けられた。事業の継続...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年4月16日号

平成30年4月16日号