本セミナーは、医療機関から数多くの税務相談を受けてきた講師が、①社会保険診療の仕組みと収入の帰属時期・社会保険診療の概算経費、②社会保険支払調書の見方と窓口理論値の算出方法、③医療機関の税務調査実例から学ぶ予防措置(「売上原価編」「源泉徴収編」「その他/医療・介護収入と消費税の課税区分、印紙税、医師の第三者承継と営業権の存否など)、④医療機関の設備投資減税と経営力向上計画、⑤医療法改正における税務への影響――などについて説明します。


【日時】

 平成30年7月26日(木)13:30~16:30(受付開始13:00)


【会場】

 東京トラック事業健保会館大会議室(JR・地下鉄市ヶ谷駅徒歩7分)


【講師】

 税理士・松本重明
 平成5年税理士登録。12年CFP登録。現在、税理士法人コンフィアンス社員税理士。


【テキスト】

 『Q&A医療機関の税務相談事例集』(平成29年12月刊/大蔵財務協会)


【受講料】

 1名につき13,000円(テキスト代等を含む)
 ※「税のしるべ」または「国税速報」の購読者は割引価格となります。

 ◇購読者でテキスト持参 8,000円
 ◇購読者でテキストなし 10,400円
 ◇未読者でテキスト持参 11,000円


【申込先】

 セミナーに参加の旨、住所、氏名(会社名)、連絡先、本紙購読の有無をご記入の上、FAX番号(03―3829-4004)までお送りください。


【問合先】

 一般財団法人 大蔵財務協会
 TEL 03-3829-4150


 ※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。


 セミナーへのお申込みなどはこちら

平成30年3月26日号

平成30年3月26日号