被告人が、相続税申告に関して税理士らと共謀し、相続人に社会福祉法人を利用した脱税スキームを使い、相続税課税価格を減少させるなどして正規の相続税額と申告税額との差額を免れようとしたとして、大阪高等裁判所(和田真裁判長)は2月13日、相続税法...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年3月19日号

平成30年3月19日号