飲食店内での喫煙は原則禁止へ、喫煙専用室は商業等活性化税制の対象

2018年03月19日 税のしるべ

飲食店や公共施設など多くの人が利用する施設等での受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法の改正案が9日、国会に提出された。飲食店の屋内での喫煙を原則禁止するもので、罰則が設けられている。多くの訪日客が予想…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ