明治27年、国木田独歩は、学生時代に知り合ったジャーナリストの徳富蘇峰が発行する「国民新聞」で日清戦争の従軍記者となる。自身の弟に宛てる形式で書かれた「愛弟通信」は大評判となり、"記者・国木田独歩"の名は一躍世間に知れ渡った。
 続いて、...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年3月12日号

平成30年3月12日号