行政書士法人である請求人が、消費税法上の新設法人に該当するとして消費税等の確定申告をした後に、請求人の設立時における出資の金額1100万円は「信用出資」の額であり、当該出資の金額は、消費税法第12条の2第1項に規定する「事業年度開始の日に...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年3月12日号

平成30年3月12日号