死亡した妻の共済契約に基づいて支払を受けた年金の掛金は、受取人で夫である請求人名義の口座から口座振替で支払われていたが、請求人が掛金はすべて妻が負担していたとして、掛金の負担者を請求人だとする原処分庁と争いになっていた事案で、国税不服審判...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年2月12日号

平成30年2月12日号