平成30年度税制改正では、年末調整手続の電子化が図られた。源泉徴収義務者の事務負担を軽減し、給与所得者の利便性を向上させる観点から、現在、書面で源泉徴収義務者に提出している生命保険料控除、地震保険料控除、住宅ローン控除に係る年末調整関係書...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年1月22日号

平成30年1月22日号