図表あり

 平成30年度税制改正大綱には、本来の趣旨を逸脱した小規模宅地等の特例の適用を防ぐため、同特例の見直し案が盛り込まれた。「持ち家に居住していない者(いわゆる家なき子)」が被相続人の居住用宅地を取得すると適用できる特例を悪用し、相続人が親族に...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成30年1月22日号

平成30年1月22日号