過去の連載「広大地評価の見直しと今後の対応

第9回/個別具体的な評価額の検討も必要、評価対象地の現地確認を確実に

2017年12月04日 税のしるべ 図表あり

二平成30年以降の相続等における対応 (1)基本的事項(承前) イ評価対象地の現地確認等の確実な実施など、的確な評価額の算定を期すことが肝要である。何故なら、既述のとおり、規模大地の評価は、広大…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

この記事には図表等があります。図表等の閲覧は 電子ブックビューでお願いします。

ページの先頭へ