正岡子規が、俳句や短歌の世界に近代化の革命を起こし始めたのは、東京・根岸の「子規庵」に居を移してからのことだという。結核と脊髄カリエスのため、6年の間病床にあった。後半の3年は座ることさえできず、寝たきりの状態だったが、病床から見える風景...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年12月4日号

平成29年12月4日号