政府税制調査会(中里実会長)は20日、「経済社会の構造変化を踏まえた税制のあり方に関する中間報告」をまとめた。この中では、現行の終身雇用を念頭に構築された個人所得課税の仕組みが近年の働き方の多様化に追い付いていないと指摘したうえで、働き方...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年11月27日号

平成29年11月27日号