国税庁は7日、平成28事務年度(28年7月から29年6月)の法人税等の調査事績を公表した。それによると、法人税の実地調査件数は前年度比3・5%増の9万7000件となり、25年1月の国税通則法改正で税務調査手続が法定化され、実地調査件数が大...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年11月13日号

平成29年11月13日号