日本酒の本格的な出荷時期を控えた夏から秋にかけて、全国の酒蔵では国税局鑑定官が清酒の品質や貯蔵状態を確認する「呑切(のみき)り」を行った。呑切りとは、各地の酒蔵が冬に仕込み、春に「火入れ(加熱殺菌)」した後、夏の間タンクで熟成させてきた清...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年10月9日号

平成29年10月9日号