債権関係の規定を見直す民法の改正法が平成29年5月26日に参院本会議で可決・成立し、6月2日に公布された。施行は公布日から3年以内となっている。債権関係の抜本的な見直しは、明治29年の民法制定以来、初めてのこと。売掛金などの債権の時効消滅...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年9月18日号

平成29年9月18日号