原告の亡父が過去の所得税の申告において、不動産の譲渡に係る長期譲渡所得について、特例を受けていたかどうかが争われていた事案で、東京地裁(谷口豊裁判長)は1日、亡父が特例を受けた証拠はないなどとしていた原告の主張を退ける判断を示した。


...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年9月11日号

平成29年9月11日号