日本税理士会連合会(神津信一会長)は27日、東京都内の帝国ホテルで総会を開き、次期会長に神津会長を選任した。会長候補推薦の申出を行った者が神津氏以外になく、同氏は7日開催の会長候補推薦会の推薦を受けて立候補の手続きを行っていた。
 総会後の会見で神津会長は、中小企業を支援していくこと、魅力ある税理士制度を目指すことなど、二期目の所信を語った=写真。
 中小企業支援では、事業承継が深刻な事態を迎えていることを指摘、「新しい事業承継の形を考え、経営強化につながる施策を実行していく」と語った。
 また、税理士試験の受験者数が減少していることに触れ、「小学校や中学校、高校での租税教室、大学での寄附講座などを通じて、税理士制度が魅力あるものであることを伝えていきたい」と述べた。

平成29年7月31日号

平成29年7月31日号