そして、(3)純資産価額方式により株式の価額を算定する場合に、土地や上場有価証券がある場合には、時価純資産に評価替えすることとされています。最後に、純資産価額方式において(3)のような評価替えした資産があり、帳簿価額と評価差額が発生しても...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年7月10日号

平成29年7月10日号