最高裁はこのほど、三重県伊賀市が個人の所有する建物に係る固定資産税を、その個人が創業者であり社長を務めた法人所有の建物と誤認して、昭和59年度から平成24年度まで誤って固定資産税を賦課していたことに対し、同法人が国家賠償法(キーワード参照...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年5月29日号

平成29年5月29日号