法人税法では、役員給与について、定期同額給与、事前確定届出給与、利益連動給与の3種類の形式と手続きを定めるが、「不相当に高額な部分の金額として政令で定める金額」を損金不算入とする規定もある。役員給与の額が適正かどうかは、いわゆる同業他社の...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成29年4月17日号

平成29年4月17日号