電子ブックビュー

29年4月から新連載がスタート

2017年03月27日 税のしるべ 無料公開コンテンツ

 ご愛読いただきました「役員給与等を巡る税務」「ハイド・アンド・シーク~国際的租税回避を追え~」「知っておきたい身近な税務」「やまと(倭)古代国家の黎明」は、今号をもって終了いたします。「裁決事例集」「やさしい税務相談室」「economicパズル」は継続します。4月3日号からは、以下の連載を開始します。引き続き、ご愛読いただきますようお願い申し上げます。
 税のしるべ編集部


≪税法から読み解く~取引相場のない株式の譲渡価額の判定≫ 税理士・土橋令

 「取引相場のない株式」の譲渡において、譲渡価額をいくらにすればよいか迷うケースが多々あります。個人対個人の場合、個人対法人の場合、法人対法人の場合について、税法の規定、通達の定めを読み解きながら、分かりやすく説明します。


≪同族会社を巡る税務争訟≫ 税理士・林仲宣

 国税庁の統計によれば、全法人の約96%は同族会社とされています。本連載では、同族会社でよく起こる税を巡る争いについて、過去の判決で裁判所がどのように判断したかを紹介するとともに、納税者が気をつけるべき点などを解説します。


≪納税者が困っている税務あれこれ≫ 税理士・永田金司 

 税制改正要望に取り上げられることもなく、話題にもならないけれど、日々の税務実務の中で、納税者自身が疑問に感じたり、困っている項目を取り上げて解説します。

ページの先頭へ