上場株式等に係る配当所得等、所得税と住民税で異なる課税方式の選択が可能

2017年02月20日 税のしるべ

平成29年度税制改正で、上場株式等に係る配当所得等について、納税者が所得税と住民税で異なる課税方式を選択することが可能であることを明確にする。上場株式等の配当所得は、納税者が「総合課税」「申告分離課…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ