預貯金が遺産分割の対象となるか否か争われていた事件で、最高裁(寺田逸郎裁判長)は19日、共同相続された普通預金債権等は、「相続開始と同時に当然に相続分に応じて分割されることはなく、遺産分割の対象となる」と判断、預貯金は法定相続分に従って相...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年12月26日号

平成28年12月26日号