称徳は和気清麻呂に「昨夜の夢に八幡神の使が現れ『大神は天皇に奏上することがあるので尼の法均(称徳に仕えていた清麻呂の姉)を遣わされるよう願っている』と告げたので、清麻呂が法均に代わって八幡大神へ行き、その神託を聞いてくるように」と勅した。...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年12月5日号

平成28年12月5日号