政府税制調査会は14日、国際課税のあり方に関する論点整理を取りまとめた。OECDのBEPS(税源浸食と利益移転)プロジェクトの勧告を踏まえたもので、外国子会社合算税制、タックス・プランニングの義務的開示制度、移転価格税制、過大支払利子税制...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年11月28日号

平成28年11月28日号