相続人の気持ちには配慮しながら、できるだけ早い時期に、税理士は次の2点の確認をしなければなりません。


≪所得税の準確定申告の要否≫

 その年の所得の状況から準確定申告の要否の判断をします。過去の申告が納付であった被相続人でも、例年よ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年11月21日号

平成28年11月21日号