税理士が相続税の申告業務を受任し、その業務を行った報酬として200万円の報酬の支払いを求めたところ、相手方が支払額に合意はないうえ、実際の報酬額はもっと低いはずなどとして争っていた訴訟で、東京地裁は10月19日、報酬額に合意があったとは認...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年11月7日号

平成28年11月7日号