福井県では先ごろ県議会で原案通り可決した、廃炉になった原発と使用済み核燃料にも課税する核燃料税条例を来月10日に施行する予定だ。
 核燃料税は電力事業者に課税する法定外普通税で、福井県が全国に先駆けて昭和51年に5年間の時限措置として導入...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年10月24日号

平成28年10月24日号