ドイツとの新租税協定を28年10月28日に発効

2016年10月17日 税のしるべ

財務省は28日、ドイツと新租税協定を発効する。 これにより、平成29年1月1日から配当、利子および使用料など投資所得は、源泉地国における課税が軽減または免除される。 このほか、国際的な脱税や租税回避…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ