平成29年度税制改正では、中小法人の範囲が見直される可能性がある。長年にわたり中小法人は、法人税法上、資本金1億円以下の企業と定義されており、軽減税率などさまざまな優遇税制が受けられる。税制上は全法人の99%が中小法人に分類されているだけ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成28年10月3日号

平成28年10月3日号