中小法人の範囲の見直しはどうなる、日税連は「資本金+従業員数」

2016年10月03日 税のしるべ

平成29年度税制改正では、中小法人の範囲が見直される可能性がある。長年にわたり中小法人は、法人税法上、資本金1億円以下の企業と定義されており、軽減税率などさまざまな優遇税制が受けられる。税制上は全法…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ