番号記載の影響で個人事業者の退職所得等の分離課税に係る所得割の納入申告書の提出方法が変更

2016年01月11日 税のしるべ

退職所得等の分離課税に係る所得割の納入申告書には、平成28年1月1日以後に行われる納入申告から法人番号または個人番号を記載することとなるが、特別徴収義務者が個人事業主の場合、納入申告書の提出方法が変…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

関連記事

ページの先頭へ