26事務年度・法人税調査、実地調査が4.9%増加、改正通則法後の減少から増加に転じる

2015年11月16日 税のしるべ

国税庁はこのほど、平成26事務年度の法人税等の調査事績を発表した。大口・悪質な不正計算が想定される法人など調査必要度が高い法人について実地調査を実施し、件数は前年度比4・9%増の9万5000件となっ…

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくには サインイン をする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

国税庁2

関連記事

ページの先頭へ