広島国税局は7日、管内(中国5県)の平成26年度租税滞納状況をまとめた。それによると、同年度は新規発生滞納額が前年より12・7%増加したものの、年度末の滞納残高は233億6800万円と前年より4・6%減少し、16年連続のダウンとなった。そ...

税のしるべ電子版の記事全文をご覧いただくにはをする必要があります。
税のしるべ電子版の購読を希望する場合はこちらへ。

平成27年8月24日号

平成27年8月24日号